塾長ブログ【福岡市東区香椎の学習塾、自立型個別学習塾HYBRID】

受け身の授業で生徒は頭を使わなくなる!?だから自立型個別学習塾「HYBRID」

『心構え×学習の質×反復回数』を成績アップの公式として掲げ、自立学習を推奨している福岡市の自立型個別学習塾「HYBRID (ハイブリッド)」塾長が歴史上の人物や各界の偉人たちが残した名言や教訓、塾長直々の学習方法に関するアドバイスを随時更新中。
「学校の授業についていけない」「塾に通ってもイマイチ結果が出せない」そんな生徒さんは集団指導でも個別指導でもない、新しい塾の学習スタイル『自立学習』を取り入れた学習塾「HYBRID (ハイブリッド)」で自ら学ぶ楽しさを体感して下さい。

塾に来る意味とは?

3月から学校がお休みとなり、塾を開けている側として、ずっとこのことを考え続けています。4月7日の春期講習最終日まで、ひとりのお休みもなく皆が塾で充実した時間を過ごすことができたと確信しています。皆さまのご理解・ご協力、本当にありがとうございます。

ただその時、塾に来て勉強している子どもたちを見て、これまでは「ティーチング」と「コーチング」を同時に塾でやれたが、今後しばらく難しくなるのかなとも薄々感じていました。

現在、塾はお休みいただいており(5月6日までの予定です)、お子様方にはご家庭でEduplus+(エデュプラス)を使った学習に取り組んでもらっていますが、これは前述のティーチングにあたります。このようなシステムは教える「人の代わりになる」と私は考えます。恐らく今後、学校の授業もこの流れになっていくのではないかと思います。

一方、コーチングについてですが、これは一言で言うと「職人技」です。手前味噌で申し訳ないないですが、私のやり方の例を紹介します。

まずはその日塾に来た子ども達、気分が乗っているか、乗っていないかを見て、塾でやる科目内容、順番を提示していきます。子ども達が解いて間違えた問題を見て、そのまま進めて大丈夫なのか、立ち止まって復習すべきなのか?立ち止まるのであれば、なぜそうした方がいいのか、その理由を子ども達に説明し、かれらに納得してもらいながら進めていくのです。

また、復習・演習するにしてもレベルや量の問題があります。A君はこのプリントを○ページ分、Bさんにはこのテキストの○ページを、そして来週もう一度反復が必要かな?という具合です。

そうした小石を積み上げていくようなスキルが塾には要求されるのです。そうすることにより本当の学力は身に付くのですから。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
自立型個別学習塾 HYBRID
http://juku-hybrid.com/
住所:福岡市東区香椎駅前2-15-1
香椎永野ビル3F
TEL:092-672-5595
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


掲載日:2020/06/06トップページへ戻る
http://juku-hybrid.ip-delta-014.com/